スタッフブログBLOG

I Have a Dream 

こんにちは。

大洋金属の田代です。

 

ちょっと忙しくて11月は更新ができませんでした・・・

そして年内ラストになるので、

本来なら今年出張に行った先でのうまかったランキングを

やろうと思ったのですが、データが紛失してしまったので

今年はできません (´,,•ω•,,`)◝

 

さて、

IMG_20191211_121516

石川県へ出張へ行った際に「たまたま」通り道だったので

松井秀喜ミュージアムに行ってきました。

 

「僕には夢がある」・・・

誰しもが子供のころに思うことだが大人になるにつれて

この感性を失ってしまう。

 

正直この辺の企業の経営者は絶対にここへ行ったほうが良いと思う。

僕は目標や夢を持たせるのが大人の役割だと思っているが、

あまりにも無残に判断ミスをしてしまう若者が多いように感じる。

特に職場においてはだいたい経営者がろくでもない。

この辺は世襲制で努力もせずに経営者になるからたちが悪い。

 

僕が子供のころ

「頑張って勉強しなさい、そしていい大学に行きなさい、そうすればいい人生が送れる」

こんなことを言われて育ちましたが、僕はそうではなく

「自分がやりたいこと」を自己的に思って行動をしてきました。

 

頭のいいひとでも判断ミスをしてしまうことは

大学進学や就職する際に「やりたいことであるかどうか!?」を見誤ってる気がする。

例えば皆さんは

時給1000円の仕事と時給1200の仕事ならどっちに就職しますか?

当たり前ですが1200円を選ぶでしょう。

 

では言い方を変えますが

時給900だけどそれはやりたい仕事で自分が努力し続けられる分野の仕事。

時給1200だけどたいして興味はないが労働の条件がよさそうな仕事。

これならどっちを選びますか?

 

僕なら迷わず900円を選ぶし、周りにもお勧めします。

なぜかというと、ほとんどの場合で

10年後に大きな差がつくと思うからです。

たぶん興味もなく1200を選ぶ人は仕事が苦痛になり行きたくもなくなり

辞めてしまったり、10年後もたぶん給料が変わらない。

 

900円を選ぶ人は仕事が苦痛にならなくて努力をし続けるから

10年後は時給1500とかになってる可能性が高い。

その努力や成果を認めない企業はくそなのでやめたほうが良い。

 

松井さんもお金のために頑張っていたんではなくて

「野球が好きだから」努力をし続けることができたんだと

ミュージアムを見に行って感じました。

それは特に親や指導者がホントに素晴らしかったんだと思う。

 

僕もいいおっさんなので、

少しでも自分の周りにいるひとが夢や希望が持てるように

頑張っていこうと思いました (´,,•ω•,,`)◝

 

来年も頑張ります!!

 

P.S

IMG_20191211_123909

ビックリするぐらいに松井さんと手の大きさが一致しました。

ちょっと小指に隙間があるぐらいでほぼ一緒でした。

いつでも握手しますよ!!